一人ひとりの症状に合わせて施術をし、健康的な暮らしのサポートを致します

在宅医療ケア

国家有資格者(あん摩マッサージ指圧師)による運動機能の維持改善を目的とした「住宅医療ケア」(いわゆるリハビリマッサージ)を行っております。
筋麻痺、関節拘縮等の症状があり医療上マッサージが必要であると認められる症例で、歩行障害のある方は医師の同意のもとで健康保険による在宅医療ケアを受けることができます。

< 疾患例 >
脳出血後遺症・脳梗塞後遺症・パーキンソン病(症候群)
脳腫瘍起因性症状・頭部外傷起因性症状・その他中枢性疾患
上肢下肢骨折術後・頚椎胸椎腰椎骨折術後・廃用症候群
慢性関節リウマチなどによる筋麻痺・関節拘縮・運動機能障害

< 健康保険による在宅医療ケア内容 >
医療マッサージ・関節可動域訓練(ROM訓練)・座位訓練
立位訓練・歩行訓練・浮腫に対するマッサージ
筋力増強訓練・ストレッチポールによる運動療法
温熱療法など

< 治療費(例:脳梗塞後遺症 右片麻痺) >

  • ①距離が当院より2km以内の場合
    交通費:1,860円
    往診費:1部位255円 × 3部位 =765円
    合 計:2,725円
    負担額:1割負担の場合263円、3割負担の場合788円
  • ②距離が当院より2km以上の場合
    交通費:2,660円
    往診費:1部位255円 × 3部位 =765円
    合 計:3,425円
    負担額:1割負担の場合343円、3割負担の場合1028円

< その他 >

  • ・保険による在宅ケアの有効期間は医師が同意した日から3ヶ月間、必要な場合はさらに3ヶ月の延長が出来ます。その後まだ治療が必要であれば、医師の同意により治療を続けることも可能です。
  • ・在宅医療ケアの回数は医師の指示を受けて、患者さんと相談して決めます。在宅医療ケアをご希望の方は、当院で同意書・同意依頼書を発行しますので、かかりつけの医師に同意書に記入して頂いて下さい。
  • ・在宅医療ケアは介護保険の枠外ですので、要介護度に関わらずに利用できます。
  • ・在宅医療ケア(マッサージ)は医師との治療と併用することが原則です。